ヒアルロン酸注射を受けるまでの様子

  1. トップページ
  2. ヒアルロン酸注射を受けるまでの様子
部位と回数「目の下・3回」 40代・女性

美容クリニックでは、まずその部位などについて、カウンセリングを受けました。そして、その予約日にいくことによって、受けることができたのです。最初は、薄暗い部屋だったので、少し怖いというイメージがありました。

部位と回数「ほうれいせんと眉間のしわ」 40代・女性

最初にカウンセリングを受け、打つ部位を決めます。化粧を落とし、打つ部位を消毒します。打つ部位にクリームタイプの麻酔を使ってくれましたので、痛みは軽かったです。部位は狭くても、一度に打ち込まずに、何回かに分けて入れてくれました。丁寧だったので不安は感じませんでした。

部位と回数「ほうれい線」 46歳・女性

施術時間は、10分くらいでした。少しちくっとしますが、ダウンタイムもなく、すぐに終わります。初めに、痛くないように、麻酔シールを貼って、先端が丸くなっている細長い針をほうれい線の下から上に向かって刺しました。

部位と回数「法令線1回」 52歳・女性

私の場合は法令線だったので、最初にどこの部分にヒアルロン酸を打つか決めて、次に消毒をして、ちょっとずつ注射器で打っていきました。どの位痛いのか不安でしたが、自分が我慢できる位でした。もっと赤くなるかと思っていましたが全く大丈夫でした。

部位と回数「口の上3回」 50代・女性

受付をしたら、個室に通されました。そこで問診票を書かされて、女性の方にざっと何をどうしたいのかを話しました。その後、医者が来て先ほど女性に言ったことを話たら、どうのような施術があるか、金額はどのくらいかを聞かされて、違う部屋に行き、注射をしました。

部位と回数「唇・1回」 36歳・女性

クリニックではまず問診表に記入し、どのような唇になりたいのかカウンセリングがありました。清潔感のあるカウンセリングルームで実際の施術写真を使って行われました。希望する唇が決まったらテープの麻酔をして、ヒアルロン酸を注射しました。終わったら鏡でチェックし完了でした。

部位と回数「口回り」 25歳・女性

まずはカウンセリングで気になるところを鏡で見ながら相談しました。そして私の顔の特徴をみて、私の場合はよく笑うことによって癖がついている、冬だったので乾燥もあってほうれい線がいってしまったとのことでした。20代でも過度なダイエットや間違ったスキンケアなどで現れることもあるようで、人それぞれ原因は違うらしいです。そして即効性があるのですぐに目に見えるというのがうれしかったのと、時間も10分程度で終わると説明を受けました。不安だった副作用のことはヒアルロン酸はもともと体内にある成分なので徐々に吸収されると聞いて安心しました。説明が終わるといよいよメイクを落として施術へ。ベッドに横になり、髪の毛をタオルで束ねられました。消毒してからの注射でした。不安だった注射の痛みも実際痛みもそこまでなく、丁寧にしてくださったのであれ?もう終わりといった感じでした。そして赤みがでないように顔を冷やしてメイクをして帰りました。

部位と回数「頬・3回」 40代・女性

近くの美容クリニックを利用しましたが、最初にカウンセリングを受け、施術の流れの説明を受けました。とても丁寧なカウンセリングで、注射は痛いと感じていたので不安を伝えると痛みなど説明があったので安心できました。

部位と回数「目の下を二回、頬を三回」 28歳・女性

個室と2人部屋を選択することができました。私の場合は彼と行ったり友人と行ったりするときは2人部屋を選択し、1人の場合は個室を選択しました。施錠中にお話することもできますので、友人とお話ししながら施錠して頂き楽しい時間をすごすことができます。

部位と回数「ほうれい線1回」 30歳・女性

本当に顔に針が刺さる事が怖かったので、無料カウンセリングの時に麻酔か何か使ってくれますか?と聞きました。そうしたら「2種類の麻酔のどちらかが使えますが、別途料金になってしまいます」という事でした。我慢してくださいと言われるかと思っていたのに言われなかった事が意外でした。そして後が残らないように細い針で注射をしてくれたのも良かったです。

このエントリーをはてなブックマークに追加